2017年06月04日

【雑考】 映画『 メッセージ 』と忠犬ハチ公と映画についての映画について。


映画『 メッセージ 』の感想の中でこんなことを書いた。


愛する我が子が自分よりも先に死んでしまうとわかっていながら、それでもその未来に逆らおうとしない選択。たいていの評論家はこれをキリスト教の予定説で説明するが、それは面白くない。せっかくSFなのだからもっとそれっぽい解釈があるだろうと思ったが、長くなりそうなのでまだ後日。


今回は、この「それっぽい解釈」について書きたいと思う。

実際、長くなると思うのでご覚悟を。



僕の考えるSFとはーー

僕がSFにもとめているのは、思考実験だ。

僕らが生きている社会も仮説をたった一つ導入しただけであらゆるものが変わってしまう、それを頭の中で可能な限りリアルに描写して作品にして欲しいのだ。

難しい言い方になってしまったかもしれないが、実はいたって単純なことで、例えば「男性と女性の比率が1:9になったら道徳、制度、政治はどう変わってしまうのか」ということだ。

僕はSF作品を鑑賞し、それについてつらつら考えて楽しむ場合には、この考え方をメインの “ ものさし ” としている。



なぜハチはご主人をいつまでも待っていたのかーー

ハチ公の話はいまさら説明するまでもないだろうが、念のため簡単に説明しておく。

いつも渋谷駅の前で仕事帰りのご主人を待っていた犬のハチ。ご主人が亡くなった後もハチは渋谷駅の前で帰りを待ち続けたので、周囲の人たちから「忠犬」と呼ばれるようになった。


Wikipedia によるとハチは、ご主人の死後10年もの間、渋谷駅に通い続けたらしい。

これについて「犬は時間の概念がないから10年も1日もかわらないんだ」と身も蓋もないことを言っていた人がいた。

これに近いことは犬より人間に近い存在である猿にもいえるそうで、雄の猿は若い雌と出会って交尾すると、その雄にとっては何年たってもその雌は出会った頃の若いままなのだそうだ。

人間とはかけ離れたことのように思えるかもしれないが、そうとも言えない。

例えば、妻が髪を切っても気づかない夫がいるという話は皆聞いたことがあるだろう。

それは脳が省エネしているからだ。

脳は一度見たものはもう見ようとせず、以前に見た記憶の中からそれに対応するものを引っ張り出してきて、それをCGのテクスチャーのように今まさに見ている景色の中にペタッと貼り付ける。

つまり、夫の目には髪を切っていない妻が映っているから、妻が髪を切ったと気づかないのだ。

さて、これにさきほどの “ ものさし ” を導入してみよう。

映画『 メッセージ 』で主人公のルイーズは、ヘプタポッドの言語を理解することによって未来を思い出すことができるようになる。

未来の出来事を思い出せるようになるというある種の進化が可能なのなら、逆もまたしかりではないか。

犬の言語がもしあるなら、それをマスターし習熟していくにしたがって、その人は時間の感覚を失っていくはずだ。



ルイーズが悲しい未来に逆らおうとしないのはーー

映画『 メッセージ 』において、ルイーズはいずれ自分がイアンと結婚し女の子を出産するが、その後二人は離婚、愛する我が子は若くして不治の病で死んでしまう、という未来を知っている。

それでもイアンの「子供をつくろう」という提案に対して賛同する。

その決断に対して「なぜ、うまくいかないとわかっていてイアンを受け入れるのか」「若くして死ぬとわかっている子供をなぜ産もうとするのか」「どうして子供が死ぬという未来を変えようと努めないのか」という批判をする人たちがいる。

もっともな意見だと思うが、ひとつだけ忘れていることがある。

ルイーズはペプたポッドの言語を理解することで未来・現在・過去を同じように認識できるのだ。

皆さんは過去に起きた出来事を今から変えられると思っているだろうか。

我々は過去の出来事を変更不可能なこととして認識している。

ルイーズにとっては、過去の出来事も未来の出来事も同じように変更不可能なのだ。



映画についての映画とはーー

映画についての映画とは、映画中で語られている内容がそのまま映画そのものについての評になっている映画のことだ。

そしてそういう映画は往々にして傑作である。

そして映画『 メッセージ 』はまさにそういう映画であった。

この記事の冒頭で本作の感想の中の文章を引用したが、もうひとつこんなことも書いた。


なお、ネタバレは気にせず書くが、僕はそれでもこの映画の面白さが削がれることはないと思っている。


本作に限らず、基本的に僕はネタバレを気にしない。

それは映画はモンタージュだと思っているからだ。

映画というのはリニア(一直線)に頭から尻まで一気に観るものであって、それは全ての映像・音声を決められた順番、決められたタイミングで体感することだ。

で、そこには特定の順番・タイミングで見たからこそ感じる何かがある。

だから、一部分だけを抜き出して映画の内容を語ったところで、そんな前も後ろもないただの情報など、実際に映画を観ることとは全く別物なのだ。

次の展開を知っていると気になるという人もいるが、そんなことが気になるのは、その映画があなたを没頭させるほど面白くないからだ。

勘の良い人ならもう気付いたかもしれない。

そう、ルイーズはたとえ未来を知っていたとしても、これから体験することは全てリニアに起こるのだ。

未来を思い出すことはできても、肉体ごと時間を超えて行ったり来たりできるわけじゃない。

ルイーズはイアンとの結婚やわが子の誕生を喜ぶだろう。

幸福を感じるだろう。

そして本気でイアンと喧嘩し、我が子の死に泣きわめくだろう。

未来を知ったからといっても、それは感情をなくして泣きも笑いもしなくなることではないのだ。

ルイーズは、イアンと喧嘩しそうになったとき、「ああ、私はこれからイアンと喧嘩するんだわ」と考えるだろうか。

それは絶対にない。

彼女はイアンの提案に賛同したときから、リニアな人生に没頭することを受け入れたのだから。



にほんブログ村
posted by カチハヤ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】最近ライムスター宇多丸の映画評が面白くない理由。


最近、ライムスター宇多丸の映画評が面白くない。

出来の良い映画の映画評ばかりが続いていて、以前のようにあきらかな駄目映画に自ら当たりに行くことがないからなと思っていたが、本当にそうかと自問自答するとどうもしっくりこない。

想定外がないのは事実だ。

以前はサイコロ、今はガチャを回して毎回取り上げる映画を決めているが、それは自分で選んだら観に行かないような作品との化学反応を期待した企画意図からのものなのに、いくらガチャを回しても駄作が出ない。

いや、そもそも最初からリストにはいっていないのか。

どちらにしろ取り上げられないことに変わりはない。

そんなことを考えていてふと思った。

なぜ、僕は駄作の映画評など聞きたいのだろうか。

タレントとしての宇多丸が自腹で駄作を観に行って「チクショー」と言っているのを聴きたいのか。

それはある。それもあるが、それだけでもない気が……。

つらつら考えていてあることに思い当たった。

この番組を聞くようになったきっかけだ。

それは水道橋博士と宮崎哲弥がやっていたネットの鼎談番組にゲストとして出演した宇多丸を見たことだ。

そこで水道橋博士が言っていた。

「彼の映画評はすごいんですよ。面白い映画を面白く話す人はいるけど、彼はつまんない映画を面白く話すんですよ」

面白い映画を面白く評することよりも、つまらない映画を面白く評することの方が難しいというつもりはない。

それは映画評をする個人の特性の問題だ。

宇多丸は後者であり、かつ市場には明らかに後者が不足している。

おべんちゃら評論家の欠陥品のファンファーレなど論外だが、良心的な職業評論家のキレイにまとまったファンファーレもキレイなだけに飽きがくる。

あーあ、またガラクタで想定外のファンファーレを吹いてくれないかな。



にほんブログ村
posted by カチハヤ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

【美味しいもの】 かつ正(とんかつ / 浜松町)の 『 ロースかつ重 』



【 前回までのかつ丼ランキング 】

1位 のもと家(とんかつ / 浜松町)の 『 カツ丼 』
 2位 武信(とんかつ / 代々木上原)の 『 醤油かつ丼 』
 3位 とん竹(とんかつ / 新宿)の 『 ヒレかつ丼 』
 4位 とん竹(とんかつ / 新宿)の 『 かつ丼 』
 5位 かつ吉(とんかつ / 渋谷)の 『 春の替わりかつ丼 』
 6位 とん竹(とんかつ / 新宿)の 『 ソースかつ丼 』
 7位 甲州屋(そば / 登戸)の 『 かつ丼 』 ←ウチの近所の蕎麦屋
 8位 セブンイレブン の 『 とろとろ玉子のロースかつ丼 』
 9位 大戸屋 の 『 四元豚のロースカツ重 』
10位 三九三(とんかつ / 聖蹟桜ヶ丘)の 『 特選上豚かつ丼 』



セブンイレブンや大戸屋が入っているからそこで気づく人はいるかもしれないが、このランキングは何十件も食べてそのうちの上位10件を挙げたものではなく、ランキングにしようと思ってから食べた件数が10件であるだけなので「ランキングに入っているから美味しいに違いない!」などと勘違いせぬようご注意を。


今回訪問したのはJR浜松町駅から徒歩3分くらいの雑居ビルの地下一階にある「かつ正」。

一応、地上に看板は出ているが、ちょっと目につきづらいのは玉に瑕。

新しい店だが、内装は和でまとめられ落ち着いた雰囲気で、昔からあると言われたら信じてしまいそう。

17時に夕方の営業が始まって間もなく入店すると予想通りまだ客はいない。

なぜ早く来たかというとお目当ての『 ロースかつ重 』が限定十食だから。

熱いお茶をすすりながら待つこと十分ちょっとで『 ロースかつ重 』(税込み1000円)がお盆に載せられて登場。


器は大きめの漆塗りのお椀。

かつ重だから四角い重箱タイプかと思ったが、こちらの方が食べやすいから良し。

ご飯の上のカツは大きすぎず小さすぎずいい感じ。

厚さは1pちょっと。ちょうどいい。普通。厚すぎるカツは嫌い。

この店では岩中豚というブランド豚を使用しており、油は国産の米油。肉の旨味が感じられながらもさっぱり食べることができる。

卵はほどよく溶いてある。黄身と白身が明らかなコントラストを見せるものもあるが、これは普通。

その上に細かく刻まれた三つ葉が散らしてある。

三つ葉がない店もあるけど、これは絶対必要。ないとテンションがやや下がる。

お盆には他に味噌汁と漬物の小皿。

味噌汁はちょっと酒粕っぽい香りがあるが、別に酒粕が入っているわけではなく、こういうタイプの田舎味噌なのだろう。というのは、帰省すると実家でもたまに使っていることがあるから。

脇役の味噌汁にも手を抜いていないのは良い印象。

漬物は、野沢菜と牛蒡の漬物。

これも特筆すべきことはないが、適当な漬物だしときゃいいや、という店もある中でキチンとしていることは評価したい。

さて、肝心のかつ重はというと、これもちゃんとしている。

ちゃんと美味しい。

ああ、これは新宿のとん竹以来のザ・かつ丼だ。(かつ重だけど)

出汁の塩分も低すぎず高すぎず丁度いい。

玉ねぎが出汁を吸って飴色になっていて、歯ごたえはないが、クタッとなりすぎてもいない。ああ、丁度いい。

値段の1000円(税込み)も含めて、使い勝手抜群の店。

『 ロースかつ重 』と同じく限定十食の『 辛口カツカレー 』も今度食べてみよう。


で、これを含めた最新ランキングはーー

【 最新のかつ丼ベスト10 】

 1位 のもと家(とんかつ / 浜松町)の 『 カツ丼 』
 2位 武信(とんかつ / 代々木上原)の 『 醤油かつ丼 』
 3位 とん竹(とんかつ / 新宿)の 『 ヒレかつ丼 』
4位 かつ正(とんかつ / 浜松町)の 『 ロースかつ重 』
 5位 とん竹(とんかつ / 新宿)の 『 かつ丼 』
 6位 かつ吉(とんかつ / 渋谷)の 『 春の替わりかつ丼 』
 7位 とん竹(とんかつ / 新宿)の 『 ソースかつ丼 』
 8位 甲州屋(そば / 登戸)の 『 かつ丼 』 ←ウチの近所の蕎麦屋
 9位 セブンイレブン の 『 とろとろ玉子のロースかつ丼 』
10位 大戸屋 の 『 四元豚のロースカツ重 』


とん竹のかつ丼を食べてから随分長いことたって正直味を覚えていないので『 ヒレかつ丼 』と『 かつ丼 』の間に入れておいた。

それと今後もっと増えていきそうなので全てのランキングではなくベスト10にした。

とりあえず、かつ丼ランキングをやるなら、かつやのかつ丼くらいは食べておかないとまずいかな。



にほんブログ村
posted by カチハヤ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする